子宮・卵巣の疾患

(子宮内膜症、子宮筋腫、多嚢胞卵巣症候群など)

癥瘕とは

中医婦人科では、子宮とその周辺の欠陥・リンパ管、子宮の支持組織等に発生し、痛感、脹感、満感を伴い、ひどくなると出血する結塊を「癥瘕」(ちょうか)と呼びます。

西洋医学でいう子宮筋腫以外に、子宮内膜症、骨盤内炎症性腫瘤、卵巣嚢腫などが含まれます。

癥と瘕の違い

  • 癥…結塊が固く、部位は固定して移動しない。抑えても分散せず、疼痛部位も一定している。

  • 瘕…結塊は無形で、凝集したり分散したりする。抑えると移動し、疼痛も一定ではない。

ただ癥と瘕の両者の間には緊密な関係があり、臨床上では明確に区別することができないため併称して癥瘕と呼びます。

中医学における婦人科疾患の考え方

癥瘕の形成は正気虚弱、気血失調との関連性が大きく、気滞瘀血・痰湿内阻などの要因が結びついて形成されることが多いです。

1.気滞

七情内傷により肝気鬱結をきたし、血行が障害されて訪中に蓄積すると癥瘕を生じます。

2.血瘀

月経期や産後など、血室が開いている時期に風寒が虚に乗じて侵入すると、気血が凝滞しやすくなります。

また余血が出尽くされないうちから房事(性行為)を行うと、外邪と血が結びついて瘀血となります。

また憂思怒の過度な感情、気血不足などによっても瘀血ができます。

これらの原因により、瘀血が次第に蓄積されていくと癥が形成されてしまいます。

『校注婦に良法』では「女性で腹中に瘀血があるものは、月経が閉じて蓄積したり、産後の余血が尽きなかったり、風寒滞瘀が長引いて消えなかったりしたことが原因で積聚・癥瘕を生じたものである」と表記しています。

3.痰湿

脾腎不足、陽気虚弱のために日の運化機能が失調して、水湿が変化できなくなって聚まると痰が出来ます。

痰が胞脈を阻滞し、血気と結びついて蓄積すると癥となり、また湿熱と瘀血が結びつくと癥瘕を形成します。

東洋一心堂漢方薬局での弁証論治

【気滞】

■ 症状

下腹部に脹満感があり、結塊は硬くなく、押すと移動性がある。痛みは上がったり下がったりと一定ではない。

■ 治法

行気導滞、活血消癥

■ 処方

香棱丸
(木香、丁香、三棱、莪朮、青皮、川棟子、小茴香など)

【血瘀】

■ 症状

胞中の結塊が硬く、移動性はなく固定しており、疼痛があり拒按。顔色黒暗、皮膚筋肉に潤いがない、月経量は多く、また経行後期となる。口は乾燥するが飲みたくない。

■ 治法

活血散結、破瘀消癥

■ 処方

桂枝茯苓丸加減
(桂枝、茯苓、牡丹皮、芍薬、桃仁、川芎、香附、丹参、莪朮など)

【痰湿】

■ 症状

下腹部に結塊があって時に痛み、押さえると柔軟である。白色のおりものが多く、質は粘膩。身体は寒がり、胸部や脘部は痞悶する。小便は多くない。

■ 治法

理気化痰、破瘀消癥

■ 処方

開鬱二陳湯
(半夏、陳皮、茯苓、青皮、香附子、川芎、莪朮、木香、檳榔、甘草、蒼朮、生姜など)

上述漢方治療とともに、鍼灸、気功導引法、臓腑按摩法を併用したら、相乗効果が期待できます。

子宮内膜症、子宮筋腫、多嚢胞性卵巣症候群などの婦人科疾患でお悩みの患者様へ

210303_荳€蠢・よァ・_DSC4961.jpg

子宮内膜症などの症状は漢方治療で改善します。

チョコレート嚢腫が消失した方もいますが、残念ながら大きく腫大した場合は効果を認めないことも少なくないです。

そのため、西洋薬と東洋医学の漢方治療が同時に使用できます。

ご自身の状況(年齢、症状、妊娠希望の有無)に応じ、どの治療法が良いかを選んで頂けたらと思います。

現在でも、当局に婦人科疾患でお悩みの方はたくさん通って頂いております。

​お気軽にご相談にいらしてください。

Oriental graphic element

カウンセリング予約

カウンセリング予約は、お電話またはフォームにて承っております。
ご来局はもちろん、ご来局が難しい方に向けてオンラインでのカウンセリングもご用意しています。お気軽にご相談ください。

お電話でのご予約はこちら

【 営業時間 】

不定休

月水金:10:00 〜 20:00

最終受付

初回相談:19:00

再相談:19:30

火木土日祝:10:00 〜 19:00

最終受付

初回相談:18:00

再相談:18:30

フォームでのご予約はこちら

_DSC5706_resize.jpg
logo_漢方@2x.png

OnlineShop

オリジナルブレンドの漢方茶、漢方菓子、入浴剤など。 ひとつひとつ真心を込めて、手作り・手作業で梱包しています。 お家のリラックスタイムや、ギフトにも。